日本語対応でサポートも充実。デニムブランド「ITONAMI」も導入した「定期購買」アプリ

2021/06/30

生産者ではなくどこのブランドの服かを基準に服を選んでいる人がほとんど。そこに疑問を感じ、原料が服になり手に届くまでの長い道のりに関わる、たくさんの人たちのものづくりへの想いを届けるデニムブランド「ITONAMI」は、ハックルベリーが提供しているShopifyアプリ「定期購買」を使用しサイト運営を行っています。そこで今回は、代表の島田舜介様にお話を伺いました。

ー貴社の運営サイトについて教えてください。

もともとはデニム製品の販売を行う会社として株式会社ITONAMIが設立されました。アパレルブランドとしてもそのままITONAMIとして運営をしています。実店舗は倉敷の海沿いにある宿泊施設に併設された直営店のみで、販売はインターネットを中心に行っています。

「ITONAMI」はこちら
https://ito-nami.com/

カスタマイズをするなら、やっぱりShopify。

ーShopifyでストアを開設された理由を教えてください。

最初は別のプラットフォームでストアを運営していましたが、もっとカスタマイズをしたい!という思いから他のプラットフォームも試していくようになりました。特にカートや決済の部分に関するカスタマイズに力を入れたいと思い、Shopifyを選びました。

商品が生まれる過程にも目を向けて欲しい。そんな思いから生まれた1年がかりのプロジェクト。

ー「定期購買」を利用されているのはどんな商品ですか?

お客様と一緒に服を作る企画である「服のたね」という企画で定期購買アプリを活用させていただいていました。綿の種をお客様にお配りし、育てていただき、収穫できた綿を海外からのオーガニックコットンとブレンドをして製品を作る、という1年がかりのプロジェクトです。月額課金のシステムで運用しているため、定期購買のShopifyアプリを探していたところ、ちょうど御社の「定期購買」アプリがリリースされたことを知り、導入いたしました。

ーなるほど。「服のたね」についてもう少し詳しくお聞かせできますか?

はい。岡山の大学に通っていた頃、私は岡山の名産であるデニムに興味を持ちました。工場などを見学しているうちに、販売している「ブランド」ではなく、製造している「生産者(工場)」の顔がもっと見えるべきだと思ったんです。最初は工場に取材をしてWebで記事を公開していましたが、2015年ごろからクラウドファンディングを行ってブランドも立ち上げ、全国各地を飛び回りながら直接お客様に販売していました。その様子がテレビや雑誌などに取り上げられ、だんだんと注目されてきたんです。

僕の中には、ただ商品を購入するだけでなく、「どんな工程を経てその商品が作られているのか」、「どんな人がどんな思いでその商品を作っているのか」、を感じてもらい、商品を長く大事に使って欲しいという思いがあります。

「服のたね」はお客さんが実際に自分で商品をつくることにより、もっと服に興味を持ってもらいたいという考えから生まれたプロジェクトです。

ハックルベリー自体にも信頼があったので導入。日本語対応でサポートも充実しています。

ー「定期購買」アプリを導入してみての感想を教えてください。

決済が完了するたびに通知が来るのが便利ですね。以前のプラットフォームでは通知が来なかったので、決済ができていないお客さんのフォローが遅れることも多かったんです。

ー定期購買アプリは海外製も多く出ていますが、そちらも候補には上がっていましたか?

はい。調べてはいたのですが、なにせ英語ができないので(笑)導入はできたとしてもその後分からないことがあったら困るなあと思い、日本語対応している「定期購買」アプリに決めました。

ーありがとうございます!(笑)御社には「定期購買」アプリがリリースされてからすぐにインストールしていただきましたが、決め手は日本語であること以外にもありましたか?

「定期購買」アプリは月額決済と毎月使うものなので、機能面など良くなかったら嫌だなあと思っていました。でも他のアプリも開発しているハックルベリー社自体に信頼があったので、導入することにしました。

他には、ヘルプページも充実していて分かりやすかったです。また、サポート担当の方も連絡が早くて助かりました

ー最後に、ハックルベリーに期待することを教えてください。

定期購買」アプリに関していえば、プラン一覧をもっと見やすくしていただいたり、実際に商品を購入していただいたお客さんとコミュニケーションが取れる場所があるといいなあと思います。

今後もっと使いやすくなることを大変期待しておりますので、よろしくお願いします!

その他記事

1ヶ月で売上8倍に!売上増加のために様々な「成果報酬型」広告の提案をしてくれるCSも魅力の「アフィリエイト連携」アプリ

1ヶ月で売上8倍に!売上増加のために様々な「成果報酬型」広告の提案をしてくれるCSも魅力の「アフィリエイト連携」アプリ

イギリスの新興ブランドVANACCI(バナッチ)のフレグランスブレスレットを販売する公式オンラインショップを運営している青野さん。「アフィリエイト連携」アプリを導入したことにより、ハックルベリーのCS(カスタマーサクセス)チームより様々なア...