欲しい人に信頼できるメディアが届けてくれる。OURSE株式会社が「アフィリエイト連携」を使う理由

2021/10/28

時代によって変化するライフスタイルとともに、持ち歩く「もの」も変わらないといけない。そんな思いとともに財布などの革製品を作成するOURSE株式会社。

今回は代表の濱田拓馬様に、ハックルベリーが提供しているShopifyアプリ「アフィリエイト連携」導入後どのような変化があったかについてお話を伺いました。

mokuはこちら
ATELIERmoku

ー貴社運営サイトについて教えてください。

Atelier moku(アトリエ モク)は夫婦二人で始めた工房です。もともとコンパクトな財布が欲しいと思っていて、探したのですが条件を満たすものがなくて、そこでデザイナーの妻と相談して自分で作ってしまったのが商品誕生のきっかけです。

「モダンな日常を形づくる」をコンセプトに、革小物の企画・製作を通じて現代にマッチしたライフスタイルを提案しています。

同業他社のネットショップのデザインに惹かれて

ーShopifyでサイトを運営されるきっかけについて教えてください。

同業者のSYRINX (シュリンクス)さんがShopifyを使っていて、かっこいいショップを作られていたのをみて、いいなと思い自分も選びました。

満足のいくデザインと機能を低価格で。それがShopifyの魅力。

ー実際にShopifyを使用されてみての良かった点や悪かった点を教えてください。

基本いいところしかないですね。満足のいくデザイン性と操作性で、低額な固定金額しかかからないところは魅力です。あとはアプリなどの拡張性が高いところが助かっています。デザイナーがいなくても綺麗なショップが作れるのはポイントだと思います。

ーショップはご自身で設定されたのですか?

はい、ただテーマを購入しただけなので、ほとんど何もしていないです(笑)。写真の撮り方などはまだまだ勉強しないといけないですが、それでもここまでのショップができるのはShopifyだからこそだと思います。

「アフィリエイト連携」なら信頼できるメディアと繋がれる

ー「アフィリエイト連携」を導入するきっかけや導入の際に感じた点について教えてください。

もともとからアフィリエイト施策はしようと思っていて、アプリストアで「アフィリエイト」と検索して見つけました。調べてもあまりいい日本のアプリが出てこなくて、その中で一番信用できそうなアプリだなと思ったので選びました。

ーアフィリエイトを選んだ理由やメリットはありますか?

アフィリエイトは成果報酬でできるところが最大のメリットだと思っています。また、「アフィリエイト連携」アプリを使うことで、普段自分たちが直接接点を持てないユーザーに対して、メディアがちゃんと紹介してくれるところもいいななと思います。ディスプレイ広告やアドネットワークという手もありますが、アフィリエイトだと広告と違ってやはり興味を持ってメディアにきてくれる方も多いので。

アフィリエイトの成果としては、最近増えていて全体の売り上げの10%ほどになっています。

ーアフィリエイトだと不適切なメディアに掲載されてしまうんじゃないかと心配されるショップ様もいらっしゃいますがいかがですか?

成果も出ていますし、ちゃんとしたメディアに掲載されていると思います。今のところ不適切なメディアに掲載されているとかはないですね。

ーサポートに関してはいかがでしょうか?

サポートの方が迅速に返信してくれるので助かりました。早ければ数分とかで返事が来るので(笑)。とても好印象でした!特に最初の設定では複雑なところもあるので、そこをサポートしてくれるのはありがたかったです。自動でタグを入れてくれるのもアプリならではのメリットですね。

ー「アフィリエイト連携」のアップデートや今後ハックルベリーに期待していることはありますか?

ASPごとにどのメディアと提携しているかが確認できると助かります。あとは月額固定費がこの先もずっとかからないと嬉しいですね(笑)。

またアプリを開くときに認証中で待つ時間があるので、そこが早くなると助かります。

ーありがとうございます!少しでも使いやすくなるよう随時アップデートしてまいります。

\ みんなにシェアしよう /

シェアする

ツイートする

その他記事

ストアが求めていることをすぐに対応してくれる。「場所」をサブスクする棚田プロジェクトが「定期購買」アプリを使う理由

ストアが求めていることをすぐに対応してくれる。「場所」をサブスクする棚田プロジェクトが「定期購買」アプリを使う理由

「棚田プロジェクト」は、「全く新しい自給自足のスタイル。好きなとき、好きな時間だけ農業ができる。」をコンセプトに、農業を通じて「感動体験」や「学び」なども共有する全く新しい「自給自足のシェアリングエコノミー」です。そんな「棚田プロジェクト」...