サポートの質の高さだけでも「使う価値がありますよ」と言いたい。カプセル株式会社が「定期購買」を使う理由

2021/11/01

「三大欲求のコントロール」をコンセプトに、カプセル型エナジーチャージを販売するカプセル株式会社。現在「未来を選ぶ」を提案するメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA」でも出店しており、エナジードリンク業界でも注目されています。そんなカプセル株式会社の桂伊織様に、ハックルベリーが提供しているShopifyアプリ「定期購買」導入後どのような変化があったかについてお話を伺いました。

「エナジーカプセル」PUSHはこちら
https://push.capsules.jp/

ー貴社の運営サイトについて教えてください。

PUSH+はエナジーカプセルを販売しています。

元々はBASEを使って2年前からPUSH+を開始しました。10年前に美容師を引退して、その後様々なWebサービスに携わり今に至ります。

ーこの商品を取り扱おうと思ったきっかけはなんでしょうか。

現在、PUSH+とFlowという二つの商品を展開していますが、PUSH+はちょうどコロナが流行する少し前にリリースしました。そのころはまだフェスなどのイベント盛り上がっている時期で。フェスはエナジードリンクの会社の協賛がついていて、ドリンクの配布など行われていますが、空き缶が出てしまうという課題もあると感じていました。

そこでエナジードリンクと同じ効果が得られるものがカプセルで提供できないかなと思ったのがきっかけです。カプセルであればゴミも出ないですし、イベント会場で配布することで認知を広げられるかなと。

ただコロナが流行して、イベントがなくなってしまって。そこでまずオンラインゲームのイベントに協賛することにして、ゲームの大会で勝者にプロダクトを無限に配布する「無限協賛」というものを始めました。するとプレス公開後、100件ほどゲームの大会から申し込みがあって。そういったこともあり、しばらくはオンラインでPRを続けていこうという判断になりました。ですがこれからは緊急事態宣言も明けて、実店舗も含めて物販をしていこうと思っています。

きっかけは友人のススメ。使ってみたらその理由がよくわかった。

ーShopifyでサイトを運営されるきっかけ教えてください。

元々は他のプラットフォームを使っていたんですが、知人が「Shopifyがいいよ」と勧めてくれたのがきっかけです。どうなんだろうと思いながら、いざ使ってみたら勧められる理由もよくわかりました。(笑)

他分析ツールがいらないくらい、データが深掘りできる。

ー実際にShopifyを使用されてみての良かった点や悪かった点を教えてください。

お客様のデータを深掘りできるのはいいところですね。他のサービスだと、いつどこで何が起きたのかわかりづらくて、Googleアナリティクスを連携して見ないといけないですが、 Shopifyは正直Googleアナリティクスがいらないくらい。この人が何回購入したなどのお客様の情報も細かく管理してくれるので、言うなれば「お客様の感情」がわかる。そのくらいデータから見えるものが大きいと感じています。データが見えることで、接客している感覚に近いECだなと思います。

ーそれはすごいですね。

ECなんだけど、人が近い感覚があって、そこでShopify一択って言われている理由がわかりました。

Twitterの「中の人」から連絡があったんです

ー他サブスクアプリから「定期購買」アプリに移行したいと思ったきっかけはなんですか?

定期購買に関しては、国内カートシステムでは独自に定期購買のシステムがあるのですが Shopifyでは海外製のアプリしかなく、アプリを入れて自分で調べながら設定しました。そんな時に、ニュースでハックルベリーの定期購買アプリの情報を知って、興味があったのでツイートしたんです。するとハックリベリーのTwitterアカウントから「お困りですか?」と返信があって。それがきっかけで、まずアフィリエイト連携アプリからサポートしてもらいました。そこから更に定期購買のサポートもお願いしました。

ハックルベリーすごいところって、Twitterの中の人がすごい速さでレスをくれるところだなと(笑)。某大臣かってくらいツイート拾ってくれる(笑)。

ハックルベリーはサポートだけでも「使う価値がありますよ」と大声で叫びたい

ー「定期購買」アプリを導入する際や他アプリからの移行の際のサポートはいかがでしたか?感じたことやよかった点について教えてください。

メールでやりとりして、データの移行はほとんどハックルベリーにやってもらいました。ただデータ投入の際に、上書きされると思ったので複数回に分けてデータを入れたのですが重複してしまって。サポートから連絡があり、削除してもらいました。

ーサポートに関してはいかがですか?

神対応だと思っています(笑)。そこがハックルベリーで一番感心しているところです!

機能はもちろんですが、カスタマーサポートの部分が非常に素晴らしいと思っています。いろいろなサービスがありますが、最も大切な部分がカスタマーサポートなんだと思います。ハックルベリーはその点だけでも「使う価値がありますよ」と大声で叫びたいです!!

今では全体の2〜3割が定期での購入に。

ー「定期購買」アプリへの移行後の効果を教えてください。

元々使っていた海外製のアプリにいいところがなくて。定期購買に移行してから決済体験がすごくよくなりました。Stripeを必ず経由する必要がありましたが、定期購買に移行してからその必要がなくなりました。またクレジットカードの追加やを変更したいなどのお客様の細かな変更に対しても対応できるようになりました。移行前はクレジットカードの期限切れは本当に地獄でした(笑)。

Stripeといちいちやりとりをする必要があったのですが、そこがなくなり体験が良くなりました。

今では全体の2〜3割が定期での購入になっています。

ー今後ハックルベリーに期待していることはありますか?

アプリ管理から「定期購買」に行くのではなく、Shopifyの左カラムのメニューや販売チャネルに定期購買をおいて欲しいですね(笑)

定期行為をするショップにとっては、よく使う機能だと思うので、スムーズに利用したいです。顧客管理と同じくらい定期購買の顧客情報を参照するので、アプリ管理からしかいけないのは手間ですね。でもそのくらいです!その他の機能は、他社アプリと比べてとても分かりやすいですね。ショップ運営者としては楽に使えるとはとてもありがたいです。

\ みんなにシェアしよう /

シェアする

ツイートする

その他記事

ストアが求めていることをすぐに対応してくれる。「場所」をサブスクする棚田プロジェクトが「定期購買」アプリを使う理由

ストアが求めていることをすぐに対応してくれる。「場所」をサブスクする棚田プロジェクトが「定期購買」アプリを使う理由

「棚田プロジェクト」は、「全く新しい自給自足のスタイル。好きなとき、好きな時間だけ農業ができる。」をコンセプトに、農業を通じて「感動体験」や「学び」なども共有する全く新しい「自給自足のシェアリングエコノミー」です。そんな「棚田プロジェクト」...