Shopifyアプリ「定期購買」、メールドメイン変更機能など3機能アップデート

2022/04/05

〜 PRエリアのHTML対応、プラン設定から商品連携もリリース 〜

株式会社ハックルベリー(東京都渋谷区、代表取締役社長:安藤 祐輔、以下「ハックルベリー」)が提供する定期購買APIに対応した日本初のShopify(ショッピファイ)アプリ「定期購買」に、「メールドメイン変更機能」、「PRエリアのHTML対応」、「プラン設定から商品連携」の各機能を追加アップデートしたことをお知らせします。

■ アップデートした機能について

1、メールドメイン変更機能 – 店舗様のドメインから送信されるようになりました –
これまでメールの送信は ハックルベリーのドメイン(huckleberry-inc.com)から送られる仕様でしたが、今回のアップデートにより店舗(マーチャント)様のメールドメインに変更することが可能となりました。
お客様からもわかりやすく、店舗様のブランドに合わせたコミュニケーションをおこなっていただけるようになります。

2、PRエリアのHTML対応
定期購買契約画面内のPRエリアにて、HTML形式が利用できるようになりました。
これにより、リンクの設置や多様な表示調整が可能になり、店舗様から様々なPRやお知らせを発信していただけます。

3、プラン設定から商品連携
プラン設定から定期購買商品が紐付けられるようになりました。
各プランへの設定作業や、プランに紐付いた商品確認等の作業がかんたんになり、運用時の作業コストが減少いたしました。

■ Shopifyアプリ「定期購買」について
Shopifyアプリ「定期購買」
https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription?locale=ja

〈特徴〉
・直感的でシンプルな設定画面
・お客様からも高評価をいただくカスタマーサポート体制
・カスタム開発、機能要望をスピーディーに実現する開発体制
・広告等の成果計測も可能(計測タグの設置には別途アプリや、Liquidファイルの編集が必要になります)

〈機能〉
・テーマへ定期購買機能のインストール
・定期購買のプラン設定
・定期購買の初回、回数指定などの柔軟な割引設定
・サンプル商品販売機能
・定期購買の注文、顧客管理
・購入金額によって割引率を変更できる会員ランク機能
・マイページでの商品追加/変更/削除やアップセル機能
・マイページのフルカスタマイズ機能 など

〈導入企業1900以上、Shopifyの定期購買アプリ国内No.1〉

本アプリは今後もアップデートを重ね、日本の定期購買商習慣に応じたマーケティング/CRM機能を追加するなど必要な機能開発を進めてまいります。
また、ハックルベリーは、Shopifyのサイト構築/アプリ構築のリーディングカンパニーとして、長期的な売上の支援を簡単かつ安心して導入できるアプリを随時リリースしマーチャント(事業者)支援を行ってまいります。

〈やさしいサブスクのご相談・お問い合わせはこちらから〉
https://huckleberry-inc.com/subscription-apps/#contact

【株式会社ハックルベリーについて】
「『心地よい』や『心弾む』体験を作り続ける」をコンセプトに、ECの売上向上に関わるサービスを企画/開発/運営をするチームです。 連続起業家/スタートアップ経験豊富なエンジニア/オープンイノベーション領域に長く携わったPdM出身者というベテランとやる気あふれる若手で構成され、Shopifyストアの売上向上支援を行っています。
本社所在地:東京都渋谷区東2-14-28 C棟
代表者:代表取締役社長 安藤 祐輔
事業内容:Shopifyアプリの開発、提供。ECサイト構築支援。EC/SaaS領域での共創事業立ち上げ
URL:https://huckleberry-inc.com/

【提供サービスについて】
Shopifyアプリ「まるっと集客」
https://apps.shopify.com/shopify-application-102?locale=ja

Shopifyアプリ「SNSギフト(LINEやインスタでギフトが送れる!)」
https://apps.shopify.com/sns-gift?locale=ja

Shopifyアプリ「定期購買」
https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription?locale=ja

Webメディア「EC Magazine | ECを成功させるノウハウマガジン」
https://ec.huckleberry-inc.com/

【App Unityについて】
世界175カ国で利用数が伸びているShopifyですが、国内においてもマーチャント(事業者)は急増しています。その一方で、国内の商習慣に適合した機能を提供する国産のアプリがまだそれほど多くないことや、複数のアプリを入れた際に、アプリ間の干渉などの調査および解消が、事業主や支援会社の大きな負担になっているなど、アプリに関するいくつかの課題が存在しております。これらの課題の解決を通じて、国内のShopifyのさらなる普及に貢献するため、フィードフォースと、株式会社ハックルベリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:安藤 祐輔)、株式会社リワイア(所在地:東京都文京区、代表取締役:岡田吉弘)の3社は、企業アライアンス「App Unity」を設立いたしました。
App Unityサービスサイト:https://appunity.jp/

\ みんなにシェアしよう /

シェアする

ツイートする

その他記事