ストアが求めていることをすぐに対応してくれる。「場所」をサブスクする棚田プロジェクトが「定期購買」アプリを使う理由

ストアが求めていることをすぐに対応してくれる。「場所」をサブスクする棚田プロジェクトが「定期購買」アプリを使う理由

「棚田プロジェクト」は、「全く新しい自給自足のスタイル。好きなとき、好きな時間だけ農業ができる。」をコンセプトに、農業を通じて「感動体験」や「学び」なども共有する全く新しい「自給自足のシェアリングエコノミー」です。そんな「棚田プロジェクト」はハックルベリーが提供しているShopifyアプリ「定期購買」を使用しサイト運営を行っています。そこで今回は、代表の下高 敏彰様にお話を伺いました。 「棚田プロジェクト」はこちらhttps://re-tanada.com/ 農業の本質である「耕すこと」や感動体験を共有しようと思った...